管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイエットための食事と運動の関係

<<   作成日時 : 2008/02/07 06:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やせるために食事制限をして、摂り込むカロリーを少なくすることは、確かに必要とされることです。

けれどもただやせるのではなく、健康的にスリムになるためには、ひたすら食べるのを少なくしたりするような極端な方法では成功することができません。

1週間におよそ1kgくらいがダイエットで安全な範囲で落とせる体重の目安でしょう。

数々の種類の食品を、少しずつ食べるようにすることが、ダイエットをしているときの食事として望ましい形です。

少し面倒な方法ではありますが、6つの基礎食品を取り入れる食事法があります。

偏りのない食品をしっかり摂りながらやせようと考えている人には、効果的な方法でしょう。

人の脳には満腹中枢というものがありますが、これは20分くらいで満腹の指令を出すのです。

できるだけ少ない量で満腹感を得るためには、急いで食事をせずにゆっくりと食べることで満腹中枢の指令を導き出すことが大切です。

運動をすることによってやせるには、運動中汗をかきながらも会話はできないほどの激しさではない、というような運動量が理想的な運動です。

姿勢をよくして大きな歩幅でリズミカルに歩くようにすると効果があり、無理のないように時間を決めて歩くことなども、継続させるためには必要でしょう。

食事の直後は避けて早朝か夕方に歩いた方が効果的で一日7000歩くらい、時間にして1時間以上歩くとよいです。

エレベーターを使わず階段を上り下りする、車をやめて電車やバスを使う、電車でも目的の駅のひと駅前で降りて歩くなど、日常生活の中でできるだけ歩くようにするとより効果的なダイエット運動になります。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

ダイエットための食事と運動の関係 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる