管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS メタボリックシンドローム予防のためのダイエット食

<<   作成日時 : 2008/03/31 09:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

メタボリックシンドローム予防には、やはり食事から始めることが一番です。

食事は内容だけでなく、食べる時間や量、食べ方も大きく影響をします。

日々の習慣で少し気をつけるだけで予防策になりますので、神経質にならない範囲で少しずつ実行していくとダイエットにも健康にもよい結果をもたらします。

またもうひとつメタボリックシンドロームの予防になることとして、食事は寝る3時間前までに終わらせることが大切です。

寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やすことになり、その中性脂肪を代謝する機能は、食べてからすぐに眠るとうまく処理されないという構造だからです。

そうやって処理しきれなかったエネルギーは血液中に残り、それがもとで中性脂肪が増えてしまうのです。

そのうえ食べてすぐ寝ると脂肪が吸収されやすくなるため、脂肪はそのまま残留し、一段とメタボリックシンドロームに近づいてしまうのです。

また、食事の時は、ゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。

しっかり咀嚼をすることは満腹中枢を刺激することで、それは食べるものが少なくても満足できることにつながり、インスリンの分泌も正しくなり、肝臓の負担も軽くすることが出来ます。

目安としてはひとくち30回程度で、食べ物が口の中でおかゆ状になるまでが理想的です。

それから食事を食べすぎに注意してコントロールするようにすると、メタボリックシンドロームを予防することにつながります。

そのためには一日に必要なエネルギー量を知ることで、カロリーコントントロールに心がけ、ダイエットを意識した中で食事をするようにすると、無駄な脂肪をつけないことにもなります。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今日1日の食事とカロリー オムライス風チャーハン とんこつラーメン 餃子 2197kcal
今日のお昼は、オムライス風チャーハン。 全くの創作料理です。 オムライスと言うと、オムレツの中にケチャップライスですよね。 で、ケチャップライスの代わりにチャーハンを入れてみました。 まずは、オムレツ... ...続きを見る
ちょいデブおやじのダイエット奮闘記 ...
2008/03/31 12:48
中性脂肪と運動
中性脂肪、ダイエットの敵のようによく言われいいイメージは ありませんが、身体にと... ...続きを見る
中性脂肪を減らし、肥満や病気を予防しよう
2008/05/16 05:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

メタボリックシンドローム予防のためのダイエット食 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる