管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイエットと朝食の重要性

<<   作成日時 : 2008/04/22 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ダイエットのためにと朝食を抜く人がいますが、朝起きてから昼食まで食事を摂らないと、長い時間にわたって体内のエネルギーが不足状態になります。

基礎代謝の高い体を作るためには、朝食をしっかりとることが重要です。

体内のエネルギーが著しく足りない状態になると、体は代謝をできるだけ落として脂肪を燃やさずに溜め込み、エネルギーが出ていかないようにします。

朝からの空腹感に押されて昼にたくさん食べたり、夜にご馳走を食べている人は脂肪が増えるばかりでダイエットはできません。

夕食後に激しい運動をすることはほとんどありません。

そのため、夕食で大きな食事をするとエネルギーはそのまま脂肪となって体内に蓄えられます。

消化吸収力がアップする夜にたくさんの食事をすると、食べたエネルギーは副交感神経の活動によって積極的に脂肪に置きかえられます。

朝食をきちんと摂り、午前中に必要なエネルギーとしてきちんと使うことで、代謝を高めることができます。

高めの体温を維持することで脂肪燃焼が活性化し代謝が高まります。

また、朝食をよく噛んで食べると、体の呼吸や循環を司る交感神経が活発に動きます。

ダイエットをする時に、脂肪が燃焼しやすい体質になれば代謝がアップして効率がよくなります。

夕食は少なめに、そして朝食に十分な量を摂取することで、食事をその日のエネルギーとして効率よく使えます。

食べたものを効率よくエネルギーにするには、早いうちの食事がお勧めです。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

ダイエットと朝食の重要性 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる