管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイエット時の食生活と代謝

<<   作成日時 : 2008/04/23 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

食事と代謝の関係について考えることが、ダイエットをする上で必要です。

基礎代謝の低い体は脂肪を貯め込みやすく、食事の制限や一品ものダイエットをしても体重はなかなか減らないのです。

適度な運動によって筋肉量を増や代謝を上げると効果が出やすくなります。

代謝の高い体質になってダイエット時に脂肪が燃焼しやすくするためには、食事を見直して食べ方や食事時間を見直すことも効果的です。

代謝が低い体質はエネルギーをため込みやすく太りやすいですが、暖かい食事をメインにメニューを組んで体を暖めると代謝が上がり痩せ体質になります。

食事を抜くダイエットをする人がいますが、ダイエット時こそ3食食べることが大事です。

食事のボリュームは朝は大め、夕食は少なめがダイエット向きです。

日中の活動で摂取したエネルギーを効率よく使い切れるようにするためです。

特に、夜の食事は健康にもよくないですし、脂肪をため込みやすくなるのでダイエットの大敵です。

ダイエットにいいのは野菜や海草、こんにゃく、きのこ類などの食べ物で、油分の多い天ぷらなどの高カロリー食品は控えましょう。

また、体重を減らすためには、間食や夜食を減らし、アルコールや甘味、スナック類などを控える必要があります。食生活の見直しや改善のために食事日記をつけてみましょう。

自分の頑張り具合が人目でわかり、ダイエットを続ける意欲もわいてきます。

ストレスの解消にと甘いものを大量に摂取し不規則な食生活を繰り返すと代謝に悪く脂肪も燃えませんのでダイエットには大敵です。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

ダイエット時の食生活と代謝 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる