管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS メタボリックシンドローム予防のダイエット食

<<   作成日時 : 2008/04/24 06:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メタボリックシンドロームの予防のダイエット食には、バランスの取れた食事内容が一番です。

基礎食品群と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンC、カルシウム、カロテンをそれぞれ摂取できる食事内容がお勧めです。

これは厚生労働省が作った指針て、うち炭水化物、タンパク質、脂質を三大栄養素といいます。

カロリー調整もメタボリックシンドロームに必要ですが、栄養素を意識することで自然とできます。

一日30品目を目安に献立を組み立てることが理想ですが、毎日そんなことを続けていては息が詰まるかもしれません。

一応の目安として、主食には副菜と主菜の2皿をつけることです。

メタボリックシンドロームの予防になるようできることを少しずつしていきましょう。

少しの工夫で、メタボリックシンドロームを回避することができます。

ラーメンや丼ものなどの一品料理をできるだけ控えめにして野菜中心の食生活を心がけ、できれば果物を一日に一回は食べる習慣をつけましょう。

メタボリックシンドローム予防の食事改善の基本は和風の定食ものです。

和食は低カロリーのものが多く、動物性食品や植物性食品のバランスが理想的です。

効果的にメタボリックシンドロームを予防したいならば、食事を和食中心に徐々に変えていきましょう。

良質なたんぱく質として肉よりは魚、そして豆腐や納豆などの大豆製品が向いています。

丼ものは和食の中でも野菜が少ないので、丼ものなどを食べる時は野菜も一緒につけるようにすると共に、なるべく薄味のものを食べましょう。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

メタボリックシンドローム予防のダイエット食 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる