管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常生活強度の低下とダイエットの関係

<<   作成日時 : 2008/05/05 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近代化された社会の弊害として、人間の日常生活強度は年々低下しています。

30年前の日本人男性のほとんどが過去に強度の労作経験があるのに比較して、現代の男性には強度の労作経験の全く無い人が増えています。

交通網と乗り物の整備により歩数は減りました。

宅配便の整備で買い物も行かなくて済むようになりました。

家庭用品の全自動化により皿洗い、洗濯、掃除の労作業も軽減しています。

料理はすでに調理もしくは半調理済みのものを使用することが多く、料理などの小さな無酸素運動を著しく減少させました。

無酸素運動がダイエットに有効なことはすでに述べましたが、この事から、生活強度の低下をいかに防ぐかが現代人の大きなテーマになっているとかんがえられます。

人間は楽をしたいものです。

日用品をすべて便利にしてしまうのも考え物です。

なにごともマメに動くことがダイエットに大きな効果を産むのです。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

日常生活強度の低下とダイエットの関係 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる