管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 豆乳ダイエットと栄養素

<<   作成日時 : 2008/12/21 11:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

ダイエットに豆乳を使う場合、栄養素はどうなるでしょうか。

大豆を水に浸け、水と共に潰して取り出した液体が豆乳と呼ばれます。

豆乳の原材料は大豆です。

大豆は様々な栄養がふんだんに含まれている健康食品であり、なおかつ低カロリーであることから健康維持に役立っています。

豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素を含んでいるのでダイエットの強い味方なのです。

ダイエットを成功させるためには体内の基礎代謝を高めることが効果的ですが、豆乳に含まれる大豆タンパクと大豆イソフラボンは代謝アップ効果が期待できます。

大豆には、大豆サポニンと大豆ペプチド、レシチンと呼ばれる栄養素が含まれています。

体内に摂取した脂質や糖質の吸収は、大豆サボニンによって抑制されます。

大豆ペプチドは吸収してしまった脂肪の燃焼を促し、血清コレステロールを低下させてくれる成分です。

血中に存在する善玉コレステロールは、大豆の脂質に含有されるレシチンの作用で活性化します。

エストロゲンという女性ホルモンと、大豆成分の大豆イソフラボンは、とてもよく似た組成と作用を持っています。

血中コレステロール濃度を整え、ダイエットの助けとなるのが大豆イソフラボンです。

ダイエット中に大豆イソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを安定させます。

イソフラボンは植物に含まれますが、大豆のイソフラボン含有量は格別に多く、イソフラボンといえば大豆といえる存在なのです。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
「やせていく」という事が、生物学の観点から考えられている  一度やせたら二度と戻らない  最新のダイエット法があります。「13日でー4.9Kg減」の体験者の写真も、ホームページ内に記載していますので、こちらをご確認下さい11768名から喜びの声が、いまも絶えない。 非常識な3ステップダイエットプログラムとは?色々なダイエット法をまだ試されて無いという方は、先にそちらを試してみて下さい。そしてマイク... ...続きを見る
これいかが
2008/12/21 12:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

豆乳ダイエットと栄養素 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる