管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイエットコーヒーの成分

<<   作成日時 : 2009/01/20 07:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

ダイエットコーヒーの含有成分は、他のコーヒーとは少々違います。

焙煎という過程を経て、コーヒー豆は作られます。

コーヒーの木から採れたコーヒー豆は焙煎しなければなりません。

焙煎前のコーヒー豆は、いくらひいてもコーヒーにはなりません。

焙煎という過程を経ることで、ようやくコーヒーの材料になります。

そして、どのような火力、時間、タイミングでの焙煎かでコーヒーの味は変わります。

ダイエットコーヒーは多くが浅焙煎された豆を使用しているのが特徴です。

浅焙煎は、普通の焙煎方法よりとカフェインが残る傾向があるため、よりダイエット向きのコーヒー豆に仕上がると考えられています。

ダイエットという点から考えた場合、カフェインを多量に含むものの方が体脂肪を燃焼させる効果が期待できるようです。

もっとも、成分を調べてみたところ、浅焙煎と深焙煎で作ったそれぞれのコーヒー豆のカフェイン含有量には大きな差がなかったという報告もありますが、ダイエットを成功させるためには、できる限りカフェインの多いコーヒーを使う方がいいのではないでしょうか。

ダイエットコーヒーとして用いられるものには浅焙煎のコーヒーが圧倒的に多いのは、カフェイン量に違いがあるという点が注目されています。

肝臓に蓄積されている脂肪はクロロゲン酸という成分によって燃焼が助けられますが、この成分は焙煎される前にコーヒー豆に豊富に含まれています。

ダイエットのためにコーヒーを役立てたい場合、カフェインとクロロゲン酸の含有量が多いものにすると脂肪が燃えやすく、ダイエットにいい影響があります。

投稿者 原田 隆史

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コーヒーはダイエットというより、リラックスと夫婦の会話のネタで飲んでいます。
ダイエットコーヒーの味はどうなんでしょうか。因みに私はモカ(ブレンド)が好きです。
Yusuke
2009/01/20 12:52

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

ダイエットコーヒーの成分 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる