管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 筋トレダイエットを無理なく継続させる方法

<<   作成日時 : 2009/02/27 07:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ダイエットのためにと筋トレを始めてみたものの、一向に減らない体重に焦り、ダイエットへの意欲が失われることもあります。

何もせずとも脂肪が消費される基礎代謝の高い体になるのに時間がかかるとは思えど、筋トレを続ける上では目に見える成果が欲しくなります。

代謝が上がったことを実感することはそう簡単なことではありませんが、握力がどれだけ上がったかを測ることで、現在の筋肉の増え具合を実感できるでしょう。

筋トレをする前と筋トレをした後で握力を知ることで、全身についた筋肉の程度がわかります。

筋トレ後のフォローが適切でない場合、せっかくダイエットのために筋トレをしても効果が出にくいこともあります。

成果が出るには時間がかかりますが、かかりすぎるようなら問題です。

例えば、筋トレでの筋肉疲労物質が体外にうまく排出されていないこともあります。

そうでなくとも、体が必要としている栄養素やカロリーが不十分なため、飢餓状態に陥った体が脂肪を溜め込みやすい状態になっていることもあります。

そういった時は、食事メニューや食習慣を再チェックするだけでなく、筋トレの量や内容はこのままでいいかなどについても考え直す必要があります。

疲れが抜けていない時に無理矢理筋肉を動かしても、筋トレの効果は低いようです。

筋トレをしてからお風呂に入り、血行を促進することはダイエットに効果があります。

体が温まって疲労が抜け、リラクゼーション効果も期待できます。

筋トレでダイエットを行う場合は、筋トレだけにこだわらず、広く痩身効果を目指しましょう。

これはどのダイエットにもあてはまります。

運動、栄養、休養のバランスを大切にして、筋トレダイエットを進めていきたい。

投稿者 藤井 リナ

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

筋トレダイエットを無理なく継続させる方法 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる