管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 内臓脂肪の危険性

<<   作成日時 : 2009/08/24 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





皮膚の下に存在する皮下脂肪と異なり、筋肉と内臓の間に存在する内臓脂肪は蓄積されすぎると生活習慣病を引き起こすため、ダイエットが必要となります。

内臓脂肪は、体内で様々な悪性物質を作っています。

例えば、悪性細胞を攻撃する機能があるものの、その過程で糖尿病になりやすい環境を作る物質といったものです。

それだけ、生活習慣病リスクがアップするわけです。

生活習慣病リスクが男性に多いのは、女性は脂肪が内臓脂肪より皮下脂肪に回されやすいことがあるといいます。

内臓脂肪型肥満にダイエットが必要になるという理由は自ずと明らかといえます。

内臓肥満型脂肪が多く体内にあり、生活習慣病の可能性が高まっている方を、メタボリック症候群といい危険視することがあります。

年を取った男性が、腹の辺りが出ばってきているのは、内臓脂肪が増えてきている現れであることもあります。

内臓脂肪の有無は外見からはわかりにくいので、腹回りのサイズを計測して調べます。女性はウエスト90センチ、男性はウエスト85センチをオーバーしているならダイエットをしなければ、内臓脂肪型肥満としては危険な水準です。

最も危険性が高いのは、ウエストはかなりあるのに指で脂肪がつまめないという方でしょう。

ダイエットは、今では健康のため、内臓脂肪を減らして生活習慣病リスクを低下させるためには欠かせないものであり、ダイエットをする男性もたくさん現れるようになりました。

美容や痩身のためにダイエットをするだけでなく、内臓脂肪を代謝しいつまでも健康に暮らすためにもダイエットが必要な時代になっています。

投稿者 友近由紀子

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

内臓脂肪を燃焼、分解ポッコリお腹が気になったら♪ 小林製薬ナイシトール85360錠3個セット【第2類医薬品】
くすりのチャンピオン
内容量 360錠×3個お一人様1セット以上のご注文はお断りしております。 楽天最安値に挑戦中!!


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

内臓脂肪の危険性 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる