管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS カロリーダイエットとは

<<   作成日時 : 2010/01/24 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0




摂取カロリーを減らすことでダイエット効果を期待するというダイエット方法が盛んです。

カロリーの低いメニューを専門的に出すレストランなども関心を集めています。

カロリーを減らすことでダイエットをすることが、基本的な知識のようになっています。

同じ様にカロリーを控えてもきちんとダイエット出来る人と、逆に体脂肪が増えてしまう人がいるのも事実です。

ダイエットどころか、様々な体調不良すら招いてしまう人もいるそうです。

低カロリーダイエットに成功するかどうかの鍵は、脳にあるスイッチです。

脳の低カロリーダイエットへの影響の仕組みを理解しましょう。

カロリー制限をすることでやせるためには、ダイエットに適した体の状態を作ることが重要なのです。

低カロリーの運命を分ける脳のスイッチがオンになると、体脂肪が燃やされずに蓄えられてしまい、隠れ肥満になります。

食事制限などで摂取カロリーを減らすと、寝起きが悪くなったり体温が下がるなどして倦怠感が増したりしますが、これは脳の指令に基づいています。

体が低カロリー対応モードになっていなければ、減ったカロリーを補う分を節約ではなく蓄積してある体脂肪で賄うようになります。

スイッチがオフになることが、ダイエットに成功する人の秘訣です。

消費カロリーを節約しない体を維持しながら、カロリーを減らした食生活にすることが、低カロリーダイエットを成功させるポイントです。

投稿者 友近由紀子

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

[PR]
最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局
美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お腹に脂肪がたまっている人がなりやすい病気
お腹の脂肪の大部分は中性脂肪ですが、この中性脂肪が問題なわけで、増えすぎると恐ろしい動脈硬化につながってしまうといわれています。血液中の中性脂肪が増加することで善玉コレステロールが減少し、それが血栓を作ることになります。心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる恐ろしい病気の原因となりやすくなります。お腹のまわりの内臓脂肪がたまっている人は、高血圧や高脂血症、糖尿病、動脈硬化などの恐ろしい生活習慣病を引き起こす危険性も高まります。そのために様々な恐ろしい病気を引き起こすわけで、私たちの... ...続きを見る
やせたい?知りたい?
2010/01/25 22:32
あなたの血圧は大丈夫?
冬は家の中は危険がいっぱいなんです。 なぜかというと寒暖の温度差です。 暖かい居... ...続きを見る
続無知の知
2010/01/27 08:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

カロリーダイエットとは 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる