コレステロールの知識

スペシャルサーキットダイエットプログラム


脂肪の多い食事によって、カロリーの摂り過ぎとなり必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまう事になります。

コレステロールの摂り過ぎで血中コレステロール値が高くなると病気を引き起こしやすくなります。

コレステロールは食事からしか摂取出来ないと思われている様ですが、コレステロールは肝臓で作られる方が多いのです。

食事から摂取するコレステロールで病気になる方はほとんど居ません。

血中コレステロール値は、高脂血症等の方を除く健康な人であれば体内で調節することが可能です。

食事から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要は無いようです。

肝臓機能が低下すると悪玉コレステロールを処理出来なくなり、血液中に溜まってしまいます。

動脈硬化や高コレステロール血症等を引き起こしてしまうようです。

そして動脈硬化を進行させてしまう原因としては、悪玉コレステロールが増加し過ぎて血管に溜まってしまうことがあげられます。

そのうえ中性脂肪が増加してしまうと、悪玉コレステロールが増えることになってしまいます。

体内に蓄積されたコレステロールを、善玉コレステロールは排出してくれますので、動脈硬化の予防になります。

コレステロール値は体調によって増減するので、特別に意識しなければならないということはありません。毎日の食事で栄養バランスを考えるようにしましょう。


南優子式ダイエット DVDセット

投稿者 桜井幸子

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kokoemoon
2010年01月25日 17:46
はじめまして。
母が、とてもやせているのに、コレステロール値が高いと医師にいわれ、よく動き、よく働くのに、食事を制限して、逆にストレスをためて、お菓子をたべているのを見て、なんとなく、違和感があったので、コレステロールの記事を読ませていただきました。

参考になりました。ありがとうございます。

もし、よろしかったら、どういうことに注意したらいいのか、や、レシピ、、お菓子の食べ方など、なんでもいいので、教えていただければ嬉しいです。

ぶしつけな質問おゆるしください。
お読みいただき、ありがとうございます。

by kokoemoon

この記事へのトラックバック