管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS ダイエットのバナナはいつ食べるのか

<<   作成日時 : 2008/06/09 06:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バナナをダイエットに効率よく使うダイエット方法として、朝起きた後に1本のバナナを食べる朝バナナダイエットというものがあります。

朝だけにこだわらずに、自分の好きなときにというのも良いのでしょうが、朝にバナナを食べるには理由があります。

体の動きや頭脳の動きは、朝食に食べなかった時より食べた時の方がよく動くという結果があります。

寝ている間にもエネルギーは使われていますから、朝起きて足りないエネルギーをきちんと摂取しなければ、体の動きが悪くなるのも納得がいきます。

ダイエットする人もそうでない人も、朝食の必要性は健康にとっても重要です。

バナナを朝に食べるだけでも様々な栄養を摂取でき、おまけに朝食を低カロリーに抑えられます。

カロリーコントロールをしながら食事をしたい時、バナナはぴったりの食材です。

1本85キロカロリーと低い上に満腹感があるからです。

バナナを食べることで水分も補えます。バナナの約7割は水なのです。

バナナの食物繊維の働きで、便秘を解消してくれます。

便秘はダイエットの大敵ですからおすすめです。

眠っている体を目覚めさせ、すっきりとした一日を過ごすこともダイエットには必要なことです。

ダイエット中はどうしても甘いものを制限しなければなりませんが、バナナは適度な甘みがあるので甘味の代用になります。

朝バナナで、ストレスフリーの健康的なダイエットにチャレンジしてみましょう。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

ダイエットのバナナはいつ食べるのか 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる