管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 豆乳の栄養素とダイエット効果

<<   作成日時 : 2008/07/26 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

豆乳ダイエットの主役となる豆乳ですが、ダイエットにどう作用する成分が入っているのでしょう。

四大成分と呼ばれる大豆イソフラボン、大豆タンパク、レシチン、サボラニンといった成分が大豆に含まれることは知られていますが、この他にもオリゴ糖、カルシウムなどもあり、豆乳になってからでも変わりません。

大豆イソフラボンは生理不順の改善や更年期障害、乳がん、骨粗しょう症の予防などに効果があるということで大変注目を集めている栄養素なのです。

ダイエットという側面から考えた場合、これらの栄養素はどのように作用するのでしょう。

豆乳は満腹感のある飲み物です。これは、大豆イソフラボンが満腹中枢に作用するためです。

大豆ペプチドは基礎代謝を高めるので運動をせずに脂肪を燃焼することができます。

脂質の合成・吸収の抑制作用、分解促進作用がある大豆サポニンは、肥満の防止に効果のある成分であるといいます。

また、肝機能障害の改善にも効果があります。体内の余分な脂肪分やコレステロールを吸収する性質がある大豆タンパクも豆乳には豊富なので、脂肪の燃えやすい体を作ってダイエットに役立つだけでなく、血中の脂質も下がって健康維持にも役に立つでしょう。

また、大豆タンパクには体脂肪が溜め込まれる作用を抑制してくれます。

豆乳には便秘解消効果もありますが、これは豆乳に含まれるオリゴ糖の作用です。

豆乳は様々な栄養成分がバランスよく含有されているだけでなく、それら一つ一つの成分がダイエットに効果があるのです。

ダイエット中に不足しがちな栄養を補うこともできるので、ダイエットには大変効果的な食品だといえるでしょう。

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

豆乳の栄養素とダイエット効果 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる