管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 間違った筋トレではダイエットは続かない

<<   作成日時 : 2009/02/26 09:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

DLダイエットbasic

一般的な筋トレというと、ジムにあるような筋トレ専用の器具に向き合っておもりを持ち上げたり、ダンベルを持ち上げる過酷な運動を思い浮かべます。

ダイエット目的の筋トレは、そのようなやり方ではありません。

筋肉を鍛えて運動能力を高めたい時や瞬発力を増したい時の筋トレとは、やり方が違っています。

ダイエットを目指して筋トレを行う場合、体内の筋肉を増やすことで代謝を高めることが目的です。

代謝の高い筋肉作りには、持久力を高めるタイプの筋トレをすべきです。

人間の筋肉には、白筋と赤筋という2種類の筋肉があります。

白筋はスピードと急激なストレスのかかるような運動、赤筋はじっくりと力をかけ続けるような運動で鍛えます。

体力がそれほどなく筋トレもしたことがない時、ダイエットのためにはどういった運動をするかをよく考えましょう。

人によっては、ダイエットのためにと筋トレをしたところ膝や腰や肩の痛みが悪化して運動ができなくなることもあります。

適切な筋トレができていなかったばかりに、体に負荷がかかってしまったのです。

正しい姿勢を保ち、一定の呼吸リズムを守ることで適切なダイエット向けの筋トレができます。

そのためには、写真や動画などでトレーニング内容をきちんとチェックしましょう。

体に負担のかからない自然な姿勢で筋トレを行うことによって自然と正しい呼吸もできるようになり、意図した部分の筋肉を着実に鍛えられます。

息ができないほどの強引なポーズを取っていては筋トレの効果も半減し、荷重のかかっている部分を傷めたりしかねません。

姿勢と呼吸に注意しながら行えば、筋トレが心地よい運動となり、楽しくダイエットを継続できることにつながるだろう。

正しい下半身・全身ダイエット!無期限サポート

投稿者 井脇 ノブ子

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

間違った筋トレではダイエットは続かない 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる