管理栄養士のダイエットプログラム

アクセスカウンタ

zoom RSS お腹の引き締めをする時

<<   作成日時 : 2010/02/12 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




お腹を引き締めたいと思うのはどんなときでしょうか。

医療機関に行って肥満治療を行う人がこの頃は多いようですが、医薬品での肥満予防はできないといいます。

睡眠時間や食事時間が不規則にならないように心がけ、体を動かすことで肥満防止に効果があります。

どのような方法で体脂肪を減少させるか、MRIで体内の状態をチェックした上で診察をしてもらえます。

内臓に蓄積されている体脂肪量が多すぎて健康状態を悪化させている時は、肥満を解消するよう指導されます。

CTスキャンで腹部の状態を確認することで、体脂肪計だけではわからない内臓脂肪のつき方や量を把握することが可能です。

お腹の引き締めが必要がとうかは、ウエストとヒップの比率が男性は1.0以上、女性は0.8以上かどうかが分かれ目になりますので、確認してみてください。

ウォーキングや腹筋運動が、お腹の引き締め効果が期待できます。

健康的なお腹の引き締めを目指すには急激な運動は控えて、関節や筋肉、心臓にダメージがいかないような適切な運動が重要になります。

体内の脂肪が積極的に使われるよう、毎日有酸素運動をしましょう。

脂肪が燃焼しやすい体質になれば、お腹の引き締めもスムーズに進みます。エスカレーターの代わりに階段で行き来をしたり、駅やバス停を1つ手前で降りてみたり、日頃の生活の中で運動の機会を作ることもお腹引き締めにいいでしょう。

お腹を引き締めるためには不規則な生活習慣やストレス過多な生活も良くありませんので、対策を考えてください。

投稿者 友近由紀子

管理栄養士のダイエットプログラムのTOPへ

[PR]
最速カリスマ英語マスター|メイクさんのお肌のお手入れQ&A|サプリメント情報局
美容・コスメで女子力アップ|保険何でも相談室|楽天市場健康ダイエット村
結婚式マナー教室|カードローン地獄!! そんなの関係ない!! |奇跡のjugemダイエット





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文




スポンサードリンク






話題のダイエットプログラム

お腹の引き締めをする時 管理栄養士のダイエットプログラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる